水没は海老名のiPhone修理を利用しよう

iPhoneをはじめとした精密機器は、水分に弱い特徴があります。水分は電気を通すことから、万が一精密機械の中に水分が侵入してしまった場合には、その水分を通して思ってもみなかった部分まで電気が通ってしまうこともあり、精密機械がダメージを受けることが考えられます。その時はたとえ無事であったとしても、内部に使われている金属が水分のせいで錆びて、その結果として動かなくなってしまうこともあるでしょう。このような理由から、精密機械は非常に水分に弱いことがわかります。

iPhoneの場合には防水機能が付いているから大丈夫だろうと思う人もいるかもしれませんが、iPhone6sまでの機種は防水機能の搭載はありません。そのため特に水分に弱くなっていると言えます。最新のものであれば防水機能を搭載しているものの、どれぐらいの防水機能が備わっているのかと言うと、一時的に一定水深の条件とされています。一時的とは30分ほど、一定水深とは1メートルほどなので、完全防水ではありません。

長時間水につけている状態であれば、水分が内部に入る可能性が大いに考えられるのです。このようなことからできる限り水のある場所に近づけないこと、長時間水につけないなどの対策が必要です。万が一iPhoneを水没させてしまい、海老名のiPhone修理を利用しようとなった場合には、保証を使いたいと思う人も多いかもしれません。iPhoneをはじめとしたアップル製品の場合には、購入から1年間の保証が設けられています。

また長期保証制度に加入すれば、3年間の保証となるでしょう。保証期間内であれば、自然故障であれば修理料金は無料です。しかし期間内であっても落下させて発散させてしまうなど、外部からの原因で故障となった場合には保証は対象外です。対象外ということはiPhone修理には実費がかかるのです。

iPhoneが水没した場合にも、落として壊れてしまった場合と同じように保証の対象外です。例え保証の期間内であっても、修理をする際には実費が必要となることを覚えておきましょう。海老名でiPhone修理を利用する場合には、保証に加入しているものの場合には、正規店に依頼をした方が料金は安くなるでしょう。しかし対象外の場合には、どのモデルでも3万円以上は修理に費用がかかります。

このようになった場合には、海老名の非正規店を利用することも一つの手段です。非正規店の場合には水没修理の相場としては1万5000円ほど、安い所であれば1万円弱で対応しているところも見られます。海老名でiPhone修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*